手帳に書いて忘れる

スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』

和田 茂夫さんの『「手書き」の力』の100ページめを読んでスティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』を見ました。 100ページめに、その映画の中に、手帳にまつわるシーンが出ているとあったので、これはどうしても見ないわけにはいませんでした。

この映画の主役はインディ役のハリソン・フォード氏、父親役のショーン・コネリー氏、そして、秘密のありかが書かれている手帳です。

1時間ちょっと経ったところで、そのシーンを見つけました。ハリソン・フォード氏が「覚えていないのか?」と

父親役の聞くとショーン・コネシー氏は「覚えなくていいように、そのために手帳に書き写したんだ」と答えます。

手帳は自分の脳の外付けハードディスクです。
手帳に書いて忘れるのが、手帳の正しい使い方だと私も思います。忘れたことは、また手帳を見て思い出せばいいですよね。

手前味噌ですが、M9notesに書いたメモは再現性に優れています。ぜひお試しください。

スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』
スティーブン・スピルバーグ監督の1989年の作品『インディ・ジョーンズ最後の聖戦』

M9notes手帳にA5サイズ、A4サイズが新登場!

M9notes手帳サイズの加え、A5サイズ、A4サイズが出来ました!
紙の色は淡いクリーム色です。そこに、何かを書くと安心します。書くことで脳に刻みこまれます。空いているマスに何か書きたくなります。
私たちは、M9notesで世界中の人々の人生とビジネスを豊かにしたいと思っています。