• 9マスで振り返り

    "振り返り"は9マスノートと相性が良いです。まん中に日付を書いて9マスに向かって考えていると、ポツンとポツンと、一つ、二つ、三つ頭に浮かんできます。それを丁寧に言語化して、1マスに一つずつ書いて行きます。9マス全てのマスが埋まることもあれば、何も書けない日もあります。もう書くことがない、出し切ったところまで考えると、その後は、明日、自分は何をすればいいのかも頭に浮かんでいます。9マスを使い慣れると、9マスを見ると自然と自分の頭で考えるモードに切り替わります。しかも、早く考えることができます。

    わがM9notesプロジェクトで作っている手帳M365の2023年バージョンからは、毎月3つの9マスを配置しました。今月の目標と計画、今月の振り返り、来月の計画の3つです。2023年1月末日になり、初めてこの今月の振り返りを書くときが来ました。9マスに書くのは、最初の1マスに書くのが難しいです。1マス埋まると、次々にマスに書くことができます。わたしもM365の振り返り9マスを目の前にして、最初の1マスがなかなか書けません。ちょっとの勇気が必要です。

    手帳の月間ブロックカレンダーを見ながら振り返ります。この感じ初めてです。なかなかいいです。詳細は、M9notesのページをめくりながら、何があったのかを思い出します。早くも、目標を立てて今月できなかったことがいくつもあります。マイナス要素を書き出すとスッキリした気分になるのと同時に、来月こそはやるぞっ!と、そのまま来月の目標になります。今月会った人の顔が浮かびます。わたしは二人の大先輩から経営のアドバイスをいただいていました。改めて書き出すことで、頭のハードディスクに新しいフォルダを作った感じがしました。

    目標に向かって行動していれば、目標から遠ざかることはありません。きちんと振り返って、目標に近づく行動を続けます。

    今日も、「M9notes」に来てくれてありがとうございます。
    手前味噌ですが、三代目の手帳『M365』いいです。紙が厚くて書き味がいいです。余白がたくさんあるのもいいです。スケジュールがたくさん入るような気がします。たくさん人に会えます。間違いなく人生が豊になります。まだ販売しています。今からでもぜひ!

    中島正雄