1

M9notes取扱説明書1

真ん中のマスから書き始めてもいい、左端から書いてもいい

オリジナルの使い方がみつかるまでのサンプル使用法を使用目的に合わせて、十分に紹介しておりますので、初めはそちらを参考に使い始めてみてください。

真ん中のマスから書き始めてもいい、
左端から書いてもいい。

全部のマスを埋める必要もありません。

余白も大いに利用して。

2

M9notes取扱説明書1

書いては眺め、書いては眺め

そして大切にしていただきたいのは

書いては眺め、書いては眺めしていくこと。

マンダラに書き出すコトは、全て自分の中にあることです。

3

M9notes取扱説明書3

右脳が働く

また、書いたことが合っている、間違っているということもありません。

自分の夢などマンダラに何回も何回も書いてはやりなおしていくうちに、右脳が働き、覚悟が明確になり、自分の未来が想像でき、明るく、楽しい、迷いのない清々しい気持ちになって行くと思います。

4

M9notes取扱説明書4

自分のしっくりくる使い方で

サイトではM9notesの使い方やM9notesを使用することで開発される能力についてなど発信してまいります。ぜひ一度お手に取って専用の青いペンで書きこんでみてください。

紙の色は琥珀
罫線の色は緑色
紙質も裏写りしにくい国産の紙
青色のペンを使って書けば更に右脳が使えるでしょう。

手帳は縦に使っても、横に使ってもいいデザインに致しました。

こちらも自分のしっくりくる使い方でご使用ください。