M9notes とは

M9notes の使い方

オンライン ショップ

活用事例

研究開発

お知らせ

サポート

辻秀一さんの記事「財産」をM9notesで考えてみました。

辻秀一さんの記事「財産」をM9notesで考えてみました。

辻秀一さんの記事「財産」をM9notesで考えてみました。 私は、先日、20年前に出版された『スラムダンク勝利学』が47回目の重版となった著者・辻秀一さんのFacebookの記事を読んでいます。辻さんは自身でも様々なカテゴリーのバスケットボールチームを持つほどバスケ好きな方で、スポーツドクターとして日本のトップアスリートたちをサポートしています。辻さんは、SNSでも頻繁に発信をされています。辻さんのメッセージはアスリート向けのメンタルの話ですが、記事を読むと勇気をもらいモチベーションが上がります。...
生・老・病・死をM9notesに収めました。

生・老・病・死をM9notesに収めました。

生・病・老・死をM9ntoesに収めました。  M9notesは1200年前に空海さんが中国から日本に持ってきた真言密教の仏具の一つマンダラをヒントにしています。  密教は仏教の最終バージョン、仏教が進化したものだと言われています。仏教とは2400年前に「生きることは苦しいことだ」とお釈迦様が開発した教えです。  その苦しみとは、生きる苦しみ、病いなる苦しみ、老いる苦しみ、死ぬ苦しみの4つあります。生病老死といいます。  これをM9notesに収めました。...
苦集滅道で問題解決

苦集滅道で問題解決

四諦(苦集滅道) 苦・集・滅・道とは四諦といわれる仏の教えです。 3×3の9個の正方形の真ん中下から「苦」、左に「集」、上に「滅」、右に「道」とあります。 仏教の問題解決テンプレートをM9notesに落とし込んだものです 3×3のフォーマットの使い方としてはポピューラーでわかりやすく、効果がわかるものかもしれません。 3×3ではじめ、さらに深く9×9で展開できます。...
右脳で考える自己紹介

右脳で考える自己紹介

M9notesで自己紹介を考える 2月13日のM9notes活用セミナーは、樺沢紫苑さんの『学びを結果に変えるアウトプット大全』の98〜101ページにあります「自己紹介」をM9notesを使って考えてみたいと思います。 スピーチやちょっとした挨拶を頼まれたとき、M9notesに書き出して考えると、早く、またストーリー、起承転結を明確に考えをまとめることができて便利です。...
短時間で大宰府を満喫

短時間で大宰府を満喫

M9 太宰府  帰りの飛行機まで時間があったので、地元の河合一毅さんの案内で大宰府に連れて行ってもらいました。私は短時間で大宰府を満喫することができたので感動して大宰府をM9notesにメモしてストックすることにしました。 太宰府といえば、太宰府天満宮です。その前に、天満宮に行く参道に名物の「揚子江の豚まん」知りませんでした。ここで豚まん(肉まん)を食べて、スターバックスコーヒーの外観を見学して天満宮に向かいます。名物の梅ヶ枝餅屋さんがいたるところにありますが、デザートは帰りにとっておきます。...