トントン拍子

久しぶりに出張しました。行き先は神戸です。前回神戸に行ったのはマスク着用していなかった2019年11月でした。M9notesを売り出して間もないころ、わたしが"如来"と呼んでいる武田さんの縁で文具問屋の鳥居さんとつながり、文具の展示会に参考出展をしたときでした。

2022年12月16日の出版をきっかけに、鳥居さんの計らいで、青色の本とM9notesを大々的に、関西の文具一番店、神戸三宮のナガサワ文具センターの4階に陳列することができました。わたしは、本とノートが陳列されているうちに、神戸に行って、売場の方にあいさつしたかったのと、売場をこの目で見たかったのです。

ナガサワ文具センターは、三宮の駅前のアーケードにあります。3階から4階へ昇るエスカレーターの半分くらい過ぎた辺りから、青色の本の表紙が少しずつ見えてくるではありませんか。鳥居さん、エレベータを上がって直ぐのいい場所に陳列してくれたのだと、感謝と感動で心がいっぱいになりました。売場の責任者の方ともあいさつすることができました。話もできました。4月1日にワークショップを出来ませんかという提案に、二つ返事で「はい」と言いました。なんとありがたいことでしょう。何も介せず、面と向かってリアルに会うというのは素晴らしいです。

神戸に行ったら、須磨寺に行って、副住職の小池陽人さんに会いたいです。小池さんとも武田さんの縁で知り合うことができました。インターネットで「小池陽人」と検索するとお分かりのとおり、チャンネル登録者数5.35万人あるYouTuberのお坊さんです。

2020年の春は、ほとんどの学校が休校になり、遠足や修学旅行、運動会などの恒例の学校行事もなくなりました。学生たちは行き場を失い、家に引きこもるという状況でした。そんなとき、小池さんは毎日YouTubeで、みんなを励ましていました。

わたしたちも小池さんのYouTubeを見て、わたしたちに何かできることがないかと考えました。そして、「M9notesで夢を叶える」というテーマでYouTubeをはじめました。小池さんは、わたしたちにYouTubeで思いを届けるキッカケをくれた方でもあります。日常の行事も戻ってきて何かと忙しい中ですが、そこは武田さんが事前に会う約束をしてくれました。素晴らしいです。

また一つわたしの夢が叶いそうです。小池陽人さんを東京にお呼びして、みんなで、リアルで話を聞くことができそうです。6月26日です。トントン拍子に決まりました。どうか楽しみにしていてください。また改めてご案内させてくだださい。

今日も、「M9notes」に来てくれてありがとうございます。
スケジュールがパッと決まるときは、上手く行きそうな気がします。

中島正雄