振り返りでラストスパート

"日記"と"振り返り"は少し違います。日記は今日一日にあったことや思ったことを自由に書くのに対し、振り返りは目標に向かう行動はどうっだったのか、出来たのか、出来なかったのか、どう思ったのか、どう感じたのかを書かきます。目標に向かう行動のことを"努力"といいます。振り返りは、自分の努力の記録です。

9マスノートで振り返りの書き方は、9マスのまん中に日付を書きます。9マス全体をジーっと見ながら、今日一日の振り返りをします。1マスに1つずつ"努力"を書いて行きます。全部のマスが埋まる日もあるでしょう。半分の日もあるでしょう。まん中の日付だけの日もあるでしょう。それでOKです。いろんな思いや感情が出て来たときは、右ページに書くといいです。頭の中にあることを言葉にして文字に書き出すことで、不安や焦りは小さくなります。振り返りが続いていくと、明日これをやろう、次はこれをやろうと、自分の次の行動がわかるようになります。

目標に向かう行動の途中で、目標を見失いそうなとき、心が折れそうなとき、このノートを見てください。努力してきた自分を見て、本当の自分を取り戻すことができます。このノートが帰る場所にもなります。

決戦の日です。失敗できない思いから、緊張と不安が押し寄せてくるでしょう。本当の自分では無くなっています。こんなとき、本当の自分を早く取り戻す方法は、9マスノートの振り返りを見ることです。このノートには、今までやってきた努力の記録があります。努力が目に見えています。9マスノートの振り返りを見れば、自信を取り戻すことができます。努力は嘘をつきません。努力して来た自分を信じることができます。本番で、本来の自分の力を出すことができます。

受験生のみなさん、ぜひ9マスノートで振り返りをして、夢を叶えてください。
応援しています。

中島正雄