12月1日。

今日は月始めの一日。一日にすることは、まず神棚の榊を買ってきて新しくします。今日に限って、わたしの9マスノートのToDoは、9マスをはみ出して余白にまで及んでいます。頭の中を9マスノートに書き出したけれど、なんか心が落ち着きません。果たして今日中に全部できるだろうか、お客さまの顔が浮かびます。どの順番でやろうかと考えている頭の一部で、今日の昼メシは近所の炒飯にしようか、一日だからボーイズのカレーにしようか、それとも久々にアデロンダックのお母さんが作るハンバーガーにしようか、木曜日だから誠一郎に会いに膳屋もありかとシミュレーションをはじめています。台湾の占い師に、わたしには食の神様が4人着いていると言われたことがあります。きっとそのせいでしょう。こういうときに限ってやって来ます。

今日は、手帳セミナーがあります。参加者は2名。この2名の方にぜひ"曜日優先カレンダー"の使い方と、"どんな2023年にしたいか"の9マスを書いていただきたい。どうすれば伝えることができるか、ずーっと考えていました。今日が本番です。

迷ったら原点に戻ります。わたしが手帳を作って売ろうと思ったのは、手帳は人生を豊にする道具だからです。手帳にはスケジュールを書きます。スケジュールは人と会う約束です。手帳は人と会う道具です。人と会うことは人生を豊にします。

手帳『M365』を使って人生が豊になる人が増えることを願っています。

中島正雄

パソコンもホームページも人と会うための道具です。そして小さなPINSも人と会う道具だとわたしは思っています。