9マスに書いたことは実現する

手帳『M365』の表紙を開けると9マスがあります。初代の手帳にはありませんでした。初代の手帳を使っている女性経営者の方の手帳を見せてもらったとき、紙にエクセルで手製で作ったページいっぱいの大きな9マスに、今年の目標が書かれたのを目にしました。わたしは一瞬で、そうだ9マスノートを作っているわたしたちが作る手帳には、絶対にこの9マスが必要だ。こうして二代目の手帳から表紙を開けたところにページいっぱいの大きな9マスを作りました。

この9マスの使い方は自由ですが、おすすめは、手帳を使いはじめるときに、この9マスを見ながら、自分に「どんな一年にしたいですか?」と問いかけて、思い浮かんだことを言葉にして文字にして、つまり自分の頭の中を言語化して、9マスに書きます。

わたしの書き方は、まん中のマスに一年を通しての"テーマ"を書きます。まわりのマスにもそれぞれ"テーマ"を書いて、1つのマスに箇条書きで目標を書きます。目標は1つのマスもあれば、8ケのマスもあります。

わたしの"どんな年にしたいか9マス"のまん中のテーマは「質を上げる」、まわりの8ケマスのテーマは「ホームページ」「M9notes」「M365」「MBox」「研究開発」「コンピュータリブ社」ここまでは仕事のこと、あとの2つは「家族」「私」と書きました。そして、それぞれのマスに1〜8ケ箇条書きでやりたい事を書きました。公私混同です。

新しい一年のはじまり、新しい手帳を使うにときに、この9マスを書き上げる達成感、自分の頭の中が言語化され整理されたスッキリ感で、一年に向かう心構えと力が漲ってきます。

この9マスは手帳を開けるたびに目に入ります。すると何が起こるか。9マスに書いたことがいくつか実現するようになるのです。わたしが書いた目標は39ケありました。そのうち実現したのは17ケです。

わたしが9マスに書いて実現して一番うれしかったのは、写真館で家族写真を撮れたことでした。9マスに書いたことは実現します。本当です。

中島正雄