思いつくままに書き込んで考えの核心を見極める使い方

例1:ワーキングママ、疲れてる私は何を考えてる?

『真ん中は最後に書きマス』ワーキングママ

真ん中以外の8マスどのからでも思いのままに書き込んでいきます。
書いたものを眺め
最後に真ん中に核心を書きましょう。

例2:商品の名前を決める時

『真ん中は最後に書きマス』名前を考える

こんなときに使える!

・考え事を整理したいとき
・話しを聞きながら
・名前を決めたいとき
・答えを導き出すとき
・問題の洗い流したいとき

M9notesはそれぞれのパターンの中でもたくさんの使用方法があり、ここでは各パターンにおいて代表的なものを書き込み図と一緒にご紹介したいと思います。
M9noteのよさは自由であることです。
4パターンもひとつの使用法の例にすぎません。
ぜひ応用して、またはオリジナルで、ご自身の思考がいっそう進む使用法を作り出して頂きたいと思っております。こんな使い方をしてますというお話し、大歓迎です。
なお全てのマスが埋まらなくてもいいというのもM9notesを自由に使って頂くためのルールです。
例でもマスが空いているのはそのような意味です。

M9notes手帳にA5サイズ、A4サイズが新登場!

M9notes手帳サイズの加え、A5サイズ、A4サイズが出来ました!
紙の色は淡いクリーム色です。そこに、何かを書くと安心します。書くことで脳に刻みこまれます。空いているマスに何か書きたくなります。
私たちは、M9notesで世界中の人々の人生とビジネスを豊かにしたいと思っています。