M9notes とは

M9notes の使い方

オンライン ショップ

活用事例

研究開発

お知らせ

サポート

ラグビー日本代表の目的と目標
ラグビー日本代表の目的と目標

ラグビー日本代表のW杯2019の活躍は、みなさんも記憶に新しいところだと思います。今回のラグビー日本代表の活躍から学ぶことがたくさんありました。その1つに「目標設定がいかに大事であるか」、目的、目標、手段が明確だったことがあります。

ラグビー日本代表の目的は「歴史を変える」「愛するラグビーを人々に愛されるスポーツにする」です。

それまでは世界から「日本人にはラグビーは無理だ」「日本は100年たっても、オーストラリア、ニュージーランド、南アフリカ、イングランドの世界4強には勝てない」というレッテルを貼られていました。

ラグビー日本代表の目的と目標

前HCのエディー・ジョーンズさんはこう言いました。「君たち日本代表は、なんのために存在するのか。世界中が日本人はラグビーができない、ラグビーは無理だと思っている。その価値観を変えるために君たちが存在するんだ」。つまり、「日本人にもラグビーができることを証明する」というのを明確な目的にしたわけです。

その目的の下、1日5回のハードな練習を、1年間、通算173日続けてやった。とんでもなくハードだったんですけど、キツいときに誰かが「歴史を変えるのは誰なんだ!」と叫ぶと、みんなが「俺たちだ!」と言いながら自らを奮い立たせたというエピソードがあります。明確な目的が「世界一のハードワーク」を支えたました。

エディーさんは歴史を変えるという目的を達成するために、「ワールドカップのベスト8」入りという高い目標を設定しました。

ラグビー日本代表の目標と計画

4年前、日本代表は、エディー体制から、ジェイミー(ジェイミー・ジョセフ:現日本代表ヘッドコーチ)体制へと移行しましたが選手間で「目的」はしっかり共有されてました。

4年前、日本代表は、エディー体制から、ジェイミー(ジェイミー・ジョセフ:現日本代表ヘッドコーチ)体制へと移行しましたが選手間で「目的」はしっかり共有されてました

W杯2015年の南アフリカを撃破したとき、「スクラムを選択してトライを狙い逆転勝利を狙うか?ゴールキックを選択して同点で引き分けを狙うか」の究極の選択。「歴史変えるの誰だよ!」「俺たちだよ!」「引き分けじゃ歴史は変わらねえよ!」「よし、じゃあスクラムだな。」「トライして勝つ!」、チームで目的・目標が明確だったからあの場面で、最高のパフォーマンスが出来たのだと思います。